ニコラオスの嘲笑 ネタバレ・感想・結末 無料試し読みはコチラ!


今回は、漫画「ニコラオスの嘲笑」あらすじ・ネタバレ・感想についての紹介です。

 

※まんが王国で「ニコラオスの嘲笑」1巻がじっくり試し読みできる!(期限切れの場合は了承ください)

以下、ネタバレが含まれますので、 自分で内容を知りたい!という方はこちらから無料試し読みをお勧めします。

ニコラオス」で検索してください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まんが王国「ニコラオスの嘲笑」を試し読みする!(スマホ・PC対応)

Handyコミック「ニコラオスの嘲笑」を試し読みする(スマホ専用)

関連記事期間限定!無料で漫画を読む!

 

ニコラオスの嘲笑とは

 

ニコラオスの嘲笑は郷田マモラ先生による漫画。

 

週刊女性コミックスにて連載されてました。

 

単行本は現在8巻まで発売中、電子書籍でも読めます。

 

ニコラオスの嘲笑 あらすじ

 

今作の主人公は、警視庁の女刑事・森村つぐみ。

 

日々危険と隣り合わせの女刑事は、愛する息子・優馬を育てるシングルマザー。

 

一方、倉庫作業のアルバイト青年・加治清は何らかの殺人事件の容疑者として巻き込まれる。

 

同じ職場の田原まりもと初デートの時に何が起きたのか!?

 

渾身の主婦警察ミステリー!

 

登場人物

 

森村つぐみ

愛する息子・優馬を育てる警視庁の女刑事。鋭い洞察力で様々な事件を解決する。

 

生駒

警視庁幹部の父を持つ東大卒のキャリア。ヘタレ

 

加治清

倉庫アルバイトをしてる青年。いつもイジメられてる

 

田原まりも

清と同僚。発達障害を持つ

 

先が知りたい方はコチラ↓↓で確かめてくださいね!!
ニコラオス」でチェック!!

まんが王国「ニコラオスの嘲笑」を試し読みする!(スマホ・PC対応)

Handyコミック「ニコラオスの嘲笑」を試し読みする(スマホ専用)

ニコラオスの嘲笑 ネタバレ

 

表紙はセクシーな女性の姿。セクシー系の漫画かと思えばそうではなく”刑事もの”なんです。

 

それでは本編に入っていきます。

 

いきなり、逮捕令状を持った女性が描かれています。

 

罪状を読み上げ、加害者の名前を言い放ちました。「加治清(かじきよし)」

 

加治清は寝耳に水をいった感じ、ここで出てくるのがこのマンガの題材にもなっている”ニコラオス”。

 

どうやら、ニコラオスは冤罪をかけられた人たちを救い、正義の聖人とされている伝説の人物だそうです。

 

”ニコラオスの嘲笑”というのは、そういった罪なき人たちを逮捕しようとする捜査陣をニコラオスは笑っているのだろうと考えているのです。

 

しかもそれを考えているのは、「加害者である加治清」でなく、「逮捕しようとしている捜査陣」ほう。つまり、冤罪と認めたうえで逮捕しようとしているのです。

 

次の場面はある夏の日、8月5日。どうやら張り込みのようです。

 

最初見たときはこれがほんとに張り込み中なのだろうかと思いました。

 

服を見て…女性1人に男性1人で張り込んでいる。男性の方はキャリアらしい。というところでネタバレ終了です。

 

どんな事件を追っていたのかまで書ききれませんでしたので、気になる方は実際に読んでみてください。

 

ニコラオスの嘲笑

感想

 

今回の「ニコラオスの嘲笑」ですが、「きらきらひかる」の作者である”郷田マモラ”さんが描かれているマンガです。

 

「きらきらひかる」はドラマ化もされて有名な作品だと思いますが、皆さんはみたことありますか?

 

「きらきらひかる」も10年以上前の作品なので、覚えている方も少ないかもしれません。「ニコラオスの嘲笑」ですが、どうやら結末から本編が始まっているように思いました。

 

まず、最後の結末を1巻の初めに出し、徐々にその話に持っていく感じの展開になりそうだと最初の印象で思いました。

 

さすがに、ドラマ化されるほどの作品を手掛けられてる方だと思いました。

 

これから、どんな展開でもって、結末によっていくのか、ワクワク感というか好奇心を掻き立てられます。

 

それで、次も読もう・読みたいと思う欲求に変わり、購買意欲へと導かれるのだと思います。

 

なにはともあれ、有名なマンガ家さんが描いておられるので、一度騙されたと思って読んでみてもいいと思いますよ。

関連記事その他、サスペンス漫画の試し読みはコチラ!

 

結末を知りたい方は確かめてくださいね!!
ニコラオス」でチェック!!

まんが王国「ニコラオスの嘲笑」を試し読みする!(スマホ・PC対応)

Handyコミック「ニコラオスの嘲笑」を試し読みする(スマホ専用)


コチラの漫画もおススメ!!

   

 - サスペンス, ニコラオスの嘲笑, 立ち読み増量作品